第18回日本抗加齢医学会総会・出展報告と来場の御礼

平素より弊社製品をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。
2018年5月25日(金)~27日(日)に開催された「第18回日本抗加齢医学会総会」にブース出展いたしました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

日本抗加齢医学会(設立:2001年)は、抗加齢医療に関する正確なデータを集積し、科学的根拠・事実に基づいた医療として確立することを目指した、抗加齢医学の発展に取り組む最大規模の学会です。

(株)分子生理化学研究所のブースでは、アンチエイジン医療・予防医療に役立つサプリメントや測定機器機の展示、最先端アンチエイジング情報の提供を行いました。

満員御礼「ドライアイ、ドライマウス研究の最前線」セミナー

ドライアイ、ドライマウスとエイジング(加齢)に関する最新の研究成果、アンチエイジングアプローチによる治療方法、サプリメントを用いた予防方法について、慶應義塾大学医学部眼科学教室 坪田一男 教授と、鶴見大学歯学部 斎藤一郎 教授にご講演いただきました。

慶應義塾大学医学部眼科学教室
教授 坪田 一男 先生
慶應義塾大学医学部卒業、ハーバード大学角膜クリニカルフェローシップ修了、国立栃木病院眼科医長、東京歯科大学教授を経て2004年より現職。再生医療を導入した最先端の角膜移植から、アンチエイジング医学の考えに基づいた予防医療まで、世界をリードする眼科医療を提供している。
日本再生医療学会理事、日本白内障屈折矯正手術学会理事、日本ドライアイ研究会世話人代表など。

鶴見大学歯学部病理学講座
教授 斎藤 一郎 先生
東京医科歯科大学難治疾患研究所 助教授、米国スクリプス研究所研究員を経て、2002年より現職。2005 年に歯学部で初めてアンチエイジング外来を設置。口腔機能を維持し全身の健康を増進させるための検査や提案を行っている。
2008年より鶴見大学附属病院長を歴任(4年間)。 ドライマウス研究会代表。 抗加齢歯科医学研究会代表。

満員御礼「男性医学とレスベラトロール」セミナー

レスベラトロールの男性医学分野における様々な臨床研究を順天堂大学医学部附属浦安病院泌尿器科 辻村晃 教授にご講演いただきました。
講演では、弊社製品を用いた最新の研究成果も発表頂き、ご参加いただいた先生方の関心の高さが伺えました。

順天堂大学医学部附属浦安病院泌尿器科
教授 辻村 晃 先生
1988年兵庫医科大学卒業。同年、大阪厚生年金病院泌尿器科の研修医に。大阪大学医学部附属病院泌尿器科研修医を経て、独立行政法人国立病院機構大阪医療センターに勤務。その後、ニューヨーク大学に留学し、細胞生物学臨床研究員を務める。2010年に大阪大学医学部泌尿器科学准教授、2013年大阪大学医学部附属病院教授。2014年順天堂大学医学部附属浦安病院泌尿器科 先任准教授。2017年2月から現職。日本泌尿器科学会専門医、日本泌尿器科学会指導医、日本性機能学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本内視鏡外科学会技術認定(泌尿器腹腔鏡)など。

今後も定期的にセミナーを開催いたします。
セミナー情報はメールマガジンにてお知らせいたします。会員登録方法に関してはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら