ホーム > コンセプト

製品コンセプト
Concept

最高の品質を目指して

健康のために毎日飲み続けるサプリメント。だから、安全・安心の品質であることが非常に重要です。
社員一同が自分の家族にも安心してすすめられる安全性を追求しています。

最高の品質を目指して
次へ

日本人に合わせた設計 日本人に合わせた設計

サプリメント先進国であるアメリカや欧米の方々の体と、我々日本人の体が求める栄養素の量には様々な違いがあります。
それは人種であったり、日本人が長い間続けてきた食生活によって生まれた、日本人の特徴と呼べるものです。

分子生理化学研究所のサプリメントは、日本人の身体的な特徴や栄養状態を考慮した上で、
必要な量の栄養素をなるべく少ない粒数で飲めるよう、処方を設計しています。

また、余分な添加物を極力排除しているため、少ない粒数で必要量を補うことができます。
カプセルの大きさについても、日本人が飲みやすいサイズや形状のものを使用しています。

専門家の監修のもと 専門家の監修のもと

海外の最新情報やクリニックでの検査数値を基に、各分野の権威の先生方にアドバイスをいただいた製品を開発しています。 現在考えられる最高品質の原材料を、エビデンスに基づいて処方するとともに、各原料の特性や、 ほかの素材との組み合わせによる相乗効果を検討し、よりご実感いただけるためのサプリメントの開発に努めています。

余分なものを極力排除したシンプルな処方 余分なものを極力排除した
シンプルな処方

からだのことを考えて飲むサプリメントに、着色料や香料などは必要ありません。
無駄な副成分や賦形剤を最低限に抑えるための処方組みをおこなっています。
そのため、少ない粒数で必要量の成分を補うことができます。

植物性カプセル 植物性カプセル

トウモロコシや海藻から作られた、植物性のカプセルを積極的に採用しています。 他原料のカプセルと比べて、体内での崩壊が早いのが特徴です。

天然由来原料 天然由来原料

天然由来原料は、合成原料と比べて体内滞留時間が長く、生体内での利用率が高いということが分かっています。
体内でのパフォーマンスを考え、天然由来の原料を積極的に採用しています。

トレーサビリティ トレーサビリティ

原料原材料がどこで生まれ、どこを経由して加工されているかが管理され、それらをいつでも開示できる原料のみを使用しています。 一部の国で作られた食品が不安視されている中、原料の流通経路が明らかな原料のみを選んでいます。

原料の分析 原料の分析

原料の由来原料やその製造工程、残留農薬など、様々な試験や検査、分析をクリアしている、安全性と品質が保証されている原料のみを使用しています。

健康補助食品GMP認定工場で製造 健康補助食品
GMP認定工場で製造

製品裏面の表示を見ると、「何が」「どれだけ」入っているかが分かります。  ですが、「どこで」「どうやって」作られたかを知る機会はあまりありません。 医薬品には、「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令」という法令があります。 製造過程や工場の健全性を保障することで、安全・安心な医薬品を作るための法令です。 ですが、サプリメントは食品。 上記の法令のように品質を保証するための決まりがないため、製造過程にホコリや雑菌などの汚染がないことや、 成分表示の表記どおりに成分が入っていることなど、安全・安心であることを保証する義務がないのです。 GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、日本語で「適正製造規範」という意味です。 これは安全かつ一定の品質を維持した製品製造を続けるためのシステムです。 分子生理化学研究所のサプリメントは、この食品補助食品GMP認定を受けた工場のみで製造しています。 医薬品レベルの高い安全性と品質を保証しています。

認証 認証

コエンザイムQ協会認定マーク取得

ハコエンザイムQ協会認定マークとは、コエンザイムQ協会が認定する、体内吸収性に優れたコエンザイムQ10サプリメントのみが取得できる、高品質の証です。 


品質認定マーク申請条件

  • 1日本コエンザイムQ協会賛助会員であること
  • 2信頼できる工場で生産されたものであること
  • 3一錠中の含有量が30mg以上であること
  • 4ソフトカプセルタイプであること
  • 54に適合しない場合はそれに準ずる体内吸収性をもつこと
  • 6第3成分の安全性に関する資料が整っていること
  • 7製造物責任は申請者にあることを文書で確認すること

コエンザイムQ協会HP >

認証取得製品